線維筋痛症の随伴症状

線維筋痛症は,全身の激しい痛みのほかに,ひどい疲労感や倦怠感,その他様々な症状を伴うことが知られています。
1人の患者さんにすべての症状が出るわけではありません。治療では,強くあらわれやすい症状によって薬を使い分けていきます。

  • 全身の痛み(関節痛,筋肉痛,頭痛,体のこわばり など)
  • 眠れない,不安になりがち,もの忘れが増える など
  • 疲れ,体の冷え,足のむずむず,便秘や下痢,頻尿,目や口の乾き,口内炎 など
  • しびれ,めまい,耳鳴り など

岡 寛ほか監修:線維筋痛症がよくわかる本,2014, p. 12, 講談社,東京

ほかの病気が隠れていないか確認しましょう

線維筋痛症に似た症状を示す病気はいろいろあります。また,痛みを伴う病気がもとで,線維筋痛症を発症することもあります。線維筋痛症にほかの病気が合併している場合には,その病気の治療を優先して行うことで,痛みが和らぐ可能性があります。

似た症状を示すほかの病気
いわゆる膠原病,関節リウマチ,脊椎関節炎などのリウマチ性疾患, 甲状腺の病気,精神科疾患,脳脊髄液減少症,末梢神経障害,その他

岡 寛ほか監修:線維筋痛症がよくわかる本,2014,pp. 22-23, 講談社,東京